マカとテストステロンの関係とメリット

マカは、日常的に口にする食品ではありませんが、ドラッグストアやインターネットサイトなどで「健康食品」として人気のある食品です。 疲労回復や滋養強壮などよく 知られた効能だけでなく、男性不妊・女性不妊など現代人の悩みにマッチした効果がある魅力的な食品です。

さまざまな栄養素が含まれる中でも、今回はマカに含まれるテストステロンについてご紹介します。

テストステロンとは?

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、男性の性的機能を支える重要な栄養素です。 精子の生産や性欲の増進にも大きく関わっており、男性不妊解消に必要とされることにも納得です。

デリケートゆえの問題点

テストステロンは、非常にデリケートなホルモンであると言われています。 ストレス社会と呼ばれる現代において、皆少なからず何かしらのストレスを抱えて生きています。

しかし、テストステロンはストレスに弱い上に、睡眠不足や乱れた食生活など生活習慣の乱れの影響を顕著に受けやすいという問題点があります。 ストレスや生活習慣の乱れにより、テストステロンの分泌は減少し、結果として性欲の減退や精子の減少が起こります。

近年、「子どもが欲しいけれどできない」という不妊で悩むカップルが増加しているのは、テストステロンの分泌減少に大きく関わっています。

マカとテストステロンの関係性

マカでテストステロンを摂るメリット

マカでテストステロンを摂る最大のメリットは、手軽さにあります。 テストステロンは、赤みの牛肉や卵の黄身、牡蠣などを食べることで分泌を増やすことができますが、忙しい毎日を送る中で、食材を限定して食事をすることは非常に困難です。

ましてや、働き盛りの男性は外食やコンビニ食などで済ませてしまうことが多く、なかなかテストステロンの分泌に良い食品を、意識して口にする機会もないと言えるでしょう。 その点、マカであればサプリメントや栄養ドリンクなどで簡単に摂取することができるので無理なく続けることができます。

また、体内でテストステロンを増やすためには「亜鉛」・「ビタミンD」の摂取がポイントです。

しかし、これらの栄養素は日本人男性に不足しがちだと言われていることからも、マカで栄養素を補給することでよりテストステロンの増量を見込むことができます。 手軽さのみならず、必要な栄養素を同時に補給することができる点はマカの強みということができるでしょう。

もっと分泌量を上げるコツ

マカを継続して摂取することでテストステロンの分泌量を増加させ、マカ本来の効果との相乗効果で精子の生産や性欲の増進を期待することができます。 しかし、マカはあくまで健康食品であり飲むことで劇的な変化があるわけではありません。

そのため、もっと分泌量を上げたい!と思うのであれば、マカの力だけに頼らず、食生活にも工夫を加えてみましょう。 その方法とは普段の食事で「ネギ類」と「タンパク質」を同時に摂取するだけなのでいたって簡単です。 この方法であれば無理なく続けられるのではないでしょうか。

ネギ類に含まれる硫化アリル×タンパク質でテストステロン値が最大2倍アップするとも言われています。 マカで1,2倍ほどアップすることから、マカとネギ×タンパク質でさらなるテストステロン分泌量アップは間違いありません!

マカでテストステロンを摂る~まとめ~

マカに滋養強壮効果や不妊解消に役立つ効能があることはよく知られていますが、その理由であるテストステロンの存在などについてはあまり知られていません。 マカを摂取することで、今現在抱えている身体の悩みだけでなく、身体全体を意識的に健康に導く効果も期待することができます。

そう考えると、悩んでいるよりも、まずはマカの摂取方法を考えることが先決だと思いませんか? マカで身体の中から元気になりましょう!