メインイメージ

男性向け…マカ&クラチャイダム20000プラスを買って試してみました!

マカ&クラチャイダム20000プラスは、マカ・クラチャイダム・赤マムシ・スッポン・牡蠣などが配合されているパワフルサポートサプリメント。
しかも、男性力に欠かせない栄養素の亜鉛とアルギニンは追加でたっぷり配合されているという魅力があります。

口コミでもかなり高い評価を集めている様子だったので、個人的にはちょっと前から興味を持っていました。
なかなか実際に購入する機会がなく手を出せずにいたのですが…。
今回は「試飲」という名目で思い切って購入してみることにしました!

噂どおり、十分なパワーを実感できるのかどうかを確認してみようと思います。

実際に購入してみました!

公式キャンペーンページから買いました。
キャンペーンを使うと初めの一か月分は990円で購入できます。(この製品を始めて買う場合のみ)

通常購入でも一か月分4500円と決して値段は高くないので、このあたりも人気の理由か?と感じました。
ちなみに、初回割引は数量限定なので気になる方は早めにキャンペーンページを確認しておいた方が良いと思います。

初回割引が適用されて通常購入でも割高ではない…ということでパッと見は購入しやすそうなサプリですね。
ただし、注意点もあります。
それは「初回割引適用には定期コースで申し込む必要がある」ということと「定期コースは3回継続が必須」ということ。
いやはや、縛りがあるのは残念ですね~。
一か月だけ飲んでみたい場合には、キャンペーンを利用しない方が良さそうです。

サプリはそもそも三か月程度継続して実感できてくるという性質を踏まえて「3回くらいなら続けてみても良いかも?」 と考えるなら、キャンペーンを利用しましょう。間違いなくお得です。
ちなみに、私は経験上後者の考え方をとってキャンペーンを利用することにしました。

支払いはクレジット決済。(クレジット決済を選ぶと送料が無料になるので)
定期コースの価格は一か月あたり3,888円でした。

公式キャンペーンページ

購入時の記録は以下のとおり

配送されました

厚みがあまりないダンボール箱で配送されてきました。
ロゴなどの記載もない本当に無地の箱なので、精力系サプリであるということはパッと見では分かりません。
このあたりに配慮があるのは嬉しい。

内容一式

箱を開封しました。
こちらはダンボールに入っていた内容一式です。

ハードカプセル

ハードカプセルタイプのサプリですね。
感じ方に個人差はあると思いますが、匂いや味は全くと言っていいほどありませんでした。
継続しやすいサプリだと思います。

カプセルのサイズ

カプセルのサイズは1.8cm程度です。
ビックリするような大きさという訳ではありませんが、決して小さいと言えるサイズのカプセルではありません。
太さはないので、多くの方にとって飲みづらいということはないと思います。

摂取目安量

1日の摂取目安量は2~6粒とのことです。
短期間でガツンといきたい方は多めに飲むと良いと思います。
一か月に3袋購入する定期コースも用意されているようで、そちらを選ぶと割引率も大きくなるようです。
私の場合は一か月1袋を購入するコースを選択しました。
飲む量は1日2粒という最低限の目安でトライしてみます。

冊子(その1)

こちらは同梱されていた冊子です。

冊子(その2)

これも同梱されていた冊子です。
なんだか別の製品の冊子も色々入っていたのでちょっと減らしてもらいたいですね。

冊子の中身

↑の冊子の中身です。

こんな飲み方で続けてみました

1日2粒のペースで飲み続けてみました。
一番の目的として夜の方にパワーを感じたかったので、夕食の前後にサプリを摂ることにしました。
ちなみに、3か月間継続してみましたが、飲み忘れてしまうことはありませんでした。

【マカ&クラチャイダム20000プラスの評価・結論】継続してみて感じたこと…

三か月間継続しました!

ずばり、夜の方にしっかり役立ってくれたので大満足!
しかも、飲み始めてから思っていたよりも短期間で変化を体感することができました。
予定通り1日2粒というペースです。

短期間で体感したい方向けの1日6粒というペースではありません!
それでもこれだけの満足感を得られるのか~と感心してしまいました。
「なるほど、噂どおりの良いサプリだ…」と感じました。

夜の方だけじゃなく日常の元気にもちゃんと役立ってくれたのも特筆すべき点かなと思います。
スタミナがついたので、仕事中もダレずに集中して取り組めるようになりました。

男として毎日をもっとイキイキと過ごしたい!自信を持ちたい!という方におすすめです。
私はこれを飲み始めてから心にも身体にも若々しさを取り戻せた気がします。

こんな記事も読まれています

トップに戻る