メインイメージ

マカには非常に豊富なカルシウムが含まれています

マカには多くのミネラルが配合されています。
マカを摂取するだけで複数のミネラルを摂取出来るため、マカはミネラルを効率良く摂取できる健康食品と考えることも出来ます。

マカにはミネラルの一種であるカルシウムも含まれています。
マカに含まれるミネラルの中でも特にカルシウムの含有量は多く、マカはカルシウムの摂取に有効な健康食品です。

カルシウムの働きについてはこちら

マカに含まれるミネラル

マカに含まれるミネラルは以下になります。()内はマカ100gに対する含有量です。
●カルシウム(586mg)
●鉄分(11.5mg)
●亜鉛(7.93mg)

この3種類のミネラルはどれも人間の体にとって大切な栄養です。
カルシウムは骨を丈夫にする栄養素です。
鉄分は赤血球を生成する成分のため貧血予防に貢献します。亜鉛はエネルギー代謝に関わる栄養素で、十分に摂取すれば免疫力が高まり、病気に強い身体づくりに貢献します。亜鉛は新陳代謝を活発にする効果もあるため成長期の子供には特に大切な栄養素です。

上記で記載したマカに含まれる3種のミネラルの含有量からもわかるように、マカには非常に豊富なカルシウムが含有されています。

カルシウムを豊富に含むマカ

カルシウムは骨を丈夫にする栄養として有名な存在です。小魚や牛乳に多く含まれることも有名ですね。
マカには100gあたりに586mgという豊富なカルシウムが含まれます。
カルシウムの理想的な摂取量は成人男性ならば1日に650~800mg程度とされています。
マカを100g摂取すれば一日に必要な大半のカルシウムを摂取できることになりますが、マカ100gはマカの一日の摂取量としてはかなり多めで、過剰摂取となってしまいます。
マカサプリを見てみると、平均的なマカの含有量は400mg~1000mg程度です。
そのためマカ100gという量は現実的ではなく、実際に私たちが口にするマカサプリだけでは、カルシウムを推奨量摂ることはできません。
以上のことから、マカはカルシウムを豊富に含みますが、マカのみで一日に必要なカルシウムを摂取するのは少し厳しい感じです。そのため毎日のカルシウム補給にはカルシウム配合のマカのサプリや、他のカルシウム豊富な食品を併用することをおすすめします。

カルシウムが多く含まれる食品には以下があります。()内は100gあたりのカルシウムの含有量です。
●マカ (586mg)
●牛乳(120mg)
●カマンベールチーズ(410mg)
●豆腐(86mg)
●小松菜(170mg)
●ひじき(1000mg)
●ウルメイワシ(530mg)
●干しエビ(6000mg)
●煮干(2200mg)

上記のように小魚や干しエビや海藻類には桁違いに豊富なカルシウムが含有されているのがわかります。マカも植物性にして非常に豊富なカルシウムを含有していることがわかります。
干しエビや煮干しをたくさん食べるのは結構大変なので、現実的にはカルシウムを豊富に含む植物性の食品を食べるのが効率的なのです。

カルシウムの効果

カルシウムは骨を丈夫にする栄養として非常に有名な存在です。
カルシウムは骨を生成する主原料となる栄養なので、カルシウムをしっかり摂取することが密度の濃い丈夫な骨を生成するために不可欠なのです。

カルシウムは不足しやすい栄養としても有名です。その理由の一つに、摂取しても身体に吸収されにくい、という点が挙げられます。
どんな栄養も身体に100%吸収されるわけではありません。それぞれの食品に含まれる栄養には吸収率があります。例えば小魚にはカルシウムが多く含まれますが、吸収率はさほど良くないのです。

カルシウムの吸収をサポートする栄養には以下があります。
●マグネシウム
●ビタミンD
●亜鉛

上記の栄養をカルシウムと同時に摂取することでカルシウムを効率よく吸収することが出来ます。マカはカルシウムと同時に亜鉛も含まれるため、カルシウムの摂取に優れた健康食品と言えるのです。
ちなみにビタミンDを豊富に含む食品には、卵、青魚、レバー、きのこ類、などがあります。
マグネシウムは海藻類、豆類、魚介類に豊富に含まれます。
亜鉛は肉や魚などの動物性食品に多く含まれ、特に牡蠣は亜鉛を非常に豊富に含むことで有名です。

こんな記事も読まれています

トップに戻る