メインイメージ

マカに含まれる必須アミノ酸、【リシン】

マカに含まれる多様な栄養素には必須アミノ酸がいくつか存在します。
本項ではマカに含まれる必須アミノ酸について解説します。

身体の中で生成できない必須アミノ酸

アミノ酸はたんぱく質の原料にもなり、基本的に人体にとって有益な栄養素です。
アミノ酸は【必須アミノ酸】と【非必須アミノ酸】に分類されます。
非必須アミノ酸とは、必須アミノ酸以外のアミノ酸、と考えてもOKで、あくまで便宜上、非必須アミノ酸という少し回りくどい呼び方になってしまいます。

人間の身体は食べ物からアミノ酸を摂取しなくても、体内でアミノ酸を合成し、生成することが出来ます。
必須アミノ酸とは体内で合成することが出来ない種類のアミノ酸、つまり食物から摂取することが「必須」となるアミノ酸、という意味です。
必須アミノ酸は体内で生成できないアミノ酸のため、必須アミノ酸を含む食物は人間にとって貴重な存在ということになります。人体にとって有益な必須アミノ酸は以下のとおりです。
●トリプトファン
●リシン
●メチオニン
●フェニルアラニン
●トレオニン
●バリン
●ロイシン
●イソロイシン
●ヒスチジン

マカに含まれる必須アミノ酸

マカにはアミノ酸がいくつか含まれます。例えばアルギニン、グリシン、アスパラギン酸、などがありますが、これらは非必須アミノ酸、つまり体内でも生成できるアミノ酸のため、必須アミノ酸ではありません。
マカには【リシン】という必須アミノ酸が含まれます。
リシンは英語表記で「lysine」となり、「リジン」と表記される場合もあります。

マカに含まれる必須アミノ酸、【リシン】

日本人の主食となる白米や小麦粉は必須アミノ酸が比較的バランスよく含有されているのですが、リシンだけは不足しがちであるという特徴があります。このためリシンを効率よく摂取することがバランスの良い食生活の課題の一つとなります。

リシンは不足すると集中力の低下を招いたり、疲れやすくなったりします。そしてリシンの不足は肝機能の低下に繋がることも指摘されており、不足すると身体の代謝が鈍ってコレステロール値を上昇させてしまう結果にも繋がります。

以上のことから、一般的にリシンは集中力をアップさせ、疲労回復に有効な栄養であると認知されています。
マカには普段の食生活で不足しがちな必須アミノ酸であるリシンが含有されており、リシン不足を補うために有効な健康食品といえます。

リシンはヘルペスの予防、薄毛予防にも貢献します

リシンは唇や性器に発症する感染症の一種であるヘルペス(単純疱疹)の予防に有効であることがわかっています。
そして近年の研究から、リシンは男性特有の脱毛症の改善に効果があるという説があり、育毛剤の原料に使われることもあります。この説はイギリスの研究機関で発見され、育毛剤の特許を取得したという経緯もあり、それなりに有力視されている説です。

以上のことから、マカに含まれる必須アミノ酸のリシンは集中力の向上や疲労回復に効果があり、さらに感染症予防や肝機能の促進、薄毛予防にも効果が期待される栄養素です。

こんな記事も読まれています

トップに戻る