メインイメージ

マカは貧血を改善する?

貧血は普段の生活で突然起こります。
貧血が起こると目眩で立っているのも難しい状態となり、視界が真っ暗になってしまうこともあります。
貧血は文字通りで血液に関する症状で、病気というよりは体質によって引き起こされます。貧血の主な原因は血液中のヘモグロビンの不足であり、ヘモグロビンは鉄分によって生成される物質です。つまり鉄分を多く含む食品を積極的に食べるようにすれば貧血防止に繋がる一因となります。

貧血は病気というよりは体質に近く、そして貧血体質は生活習慣の見直しである程度の改善が期待できます。食生活を見直すことが特に大切で、貧血予防に有効な食品もいくつか存在します。
マカは多種多少な健康作用を得ることが出来る優れた健康食品であり、貧血の予防にも貢献する健康作用があります。

貧血の仕組み

血液は血管を通して身体中に栄養を運ぶ役割があります。
血液の中にはヘモグロビンという赤血球の成分も存在します。ヘモグロビンの役割は血液の流れと共に身体中に酸素を運ぶことです。
ヘモグロビンが不足すると身体中が酸素不足となり貧血を起こす要因となります。一般的な、目眩や立ちくらみが起こる貧血はヘモグロビンの不足によって脳が酸素不足となる脳貧血です。貧血の原因の7割がこのヘモグロビンの不足といわれています。

貧血は血液の絶対量が少ないことでも起こる症状です。そのため貧血は月経によって定期的に血液が排出される女性の方が男性と比べて多い傾向にあります。

マカの貧血予防効果

貧血の主な原因は血液中のヘモグロビンの不足です。
ヘモグロビンは鉄分によって生成されるため、鉄分を多く含むレバーやほうれん草を積極的に食べることが有効であり、有名な話です。
マカも鉄分を豊富に含むため、鉄分の補給に有効な食品です。鉄分はミネラルの一種なのですが、マカは鉄分も含めた複数のミネラルを豊富に含有しており、鉄分を含めたミネラル補給に有効な食品という側面があるのです。

マカの鉄分の含有量

マカは100gあたりでおよそ13㎎の鉄分を含有しています。
一般的に男性よりも女性の方が鉄分不足になりやすいため、特に女性は鉄分の積極的な摂取が推奨されています。そういった観点から成人女性は1日あたり12㎎の鉄分補給が推奨されています。つまりマカ100gなら1日に推奨される鉄分の摂取が可能です。
実際問題としてマカ100gは一度の摂取量としてはやや多い量のため、毎日100gのマカを摂取するのは少し難しいかもしれません。しかしマカが鉄分を多く含み、貧血予防に有効な栄養補助食品になり得ることは間違いありません。
マカだけで鉄分を補おうと考えず、マカを毎日摂取しつつ、鉄分の多い食品を意識的に摂るようにすればOKです。吸収率の良いヘム鉄は肉・魚・レバーなどの動物性食品に多いですが、非ヘム鉄は大豆や野菜、海藻や果物にも含まれます。
鉄分は摂取しても吸収率があまり良くないという特徴があります。そのためたくさん食べることも大事なのですが、一緒にビタミンCを摂取すると鉄分の吸収率が良くなるという効果があります。
マカには決して多くはありませんが、ビタミンCも含まれています。
鉄分とビタミンCを同時に含むマカは、数ある鉄分を含む食品の中でも貧血予防に有効な食品といえるのです。
ちなみに鉄分補給としてマカを摂る場合、マカ粉末を人肌のお湯に溶かしたマカティーに、香りづけ+ビタミンCとしてレモンなどの柑橘類を加えるのがおすすめです。

こんな記事も読まれています

トップに戻る