マカに含まれるカルシウム

近年、健康食品として人気急上昇中な「マカ」ですが、南米ペルーでは古くから健康と活力の源として珍重されてきました。 マカにはアミノ酸や亜鉛などさまざまな栄養素が含まれていますが、カルシウムが含まれていることはご存じでしょうか?

今回はマカに含まれる栄養素の中でもカルシウムに特化してご紹介します。

カルシウムの必要性

私たちに欠かせないカルシウム

カルシウムというと、「骨」というイメージが浮かびがちですが、実は不眠症の改善や代謝を上げる、ホルモンの分泌調整などさまざまな作用があると言われています。

成長過程にある若者や骨粗しょう症の危険がある高齢者はもちろんのこと、老若男女問わず意識的に取り入れたい栄養素と言えます。

カルシウム不足の危機

私たちが健康に過ごすために欠かすことのできないカルシウムですが、私たちの体内で作り出すことができないため、外から取り入れることが必要です。 必要にも関わらず、実は料理から摂取することは難しいと言われています。

カルシウムは牛乳やヨーグルト、チーズなどに多く含まれていることは有名であり、簡単に摂ることができるのでは?と思われがちです。 しかし、カルシウム自体、吸収率の高い栄養素ではないこともあり、カルシウム不足が深刻化しています。

マカとカルシウム

マカのカルシウム含有量

日本ではマカを生で摂取することができず、サプリメントや栄養ドリンクなどに加工したものを選ぶ必要があります。 そういったマカ商品を作るための第一工程はまず「粉末化」することです。

マカを粉末化した際、100グラムにつきおよそ300~500ミリグラムのカルシウムが含まれています。 牛乳100グラムにつきおよそ113ミリグラムのカルシウムを含んでいることを考えると、マカのカルシウム含有量には驚きです。 もちろん、マカを1日に100グラムも摂ることはありませんが、不足分を補うという意味では最適でしょう。

マカでカルシウムを摂取するメリット

カルシウムの摂取だけを考えるのであれば、牛乳や乳製品を食べていれば問題ありません。 マカでカルシウムを摂取するメリットは、マカの栄養素にあります。

マカにはカルシウムの他にも亜鉛や鉄・銅・リンなどさまざまなミネラルを含んでいます。 その中でもリンはカルシウムのサポートをする働きがあることから、単にカルシウムだけを摂取するよりも、効果的にカルシウムの作用を体感することができるのです。

その上、マカを摂取することで他の栄養素の効果も同時に取り入れることができれば一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

マカでカルシウムを摂取するという方法

マカは疲労回復や滋養強壮といったイメージが強いことから、マカにカルシウムが含まれていることをご存じなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マカでカルシウムを摂る方法はカルシウムだけを考え、牛乳をたくさん飲むよりもより手軽であり効果的でもあります。 カルシウム不足は、マカで解決しましょう!