メインイメージ

高血圧な人もマカを飲んで大丈夫?

マカは豊富なアミノ酸の作用で神経の働きを正常にしてホルモンバランスを改善する作用がありますが、実は優れた血行促進作用もあります。
血行促進作用は高血圧の改善に効果的です。

マカには優れた血行促進作用

マカには血行促進につながる作用がいくもあり、血行促進効果に優れた健康食品と考えることができます。

マカのアルギニンとビタミンEで血行促進

マカには豊富なアミノ酸が含まれますが、その中の一つのアルギニンという必須アミノ酸は男性ホルモンのテストステロンの分泌を促す成分です。このことから、アルギニンはマカの男性の性機能を高める成分として有名ですが、アルギニンは血管を拡張する作用もあり、血行促進の効果もあります。
さらにマカにはビタミンEも含まれます。
ビタミンEは血液をサラサラにする作用があり、こちらも血行促進作用のある成分です。

マカはアルギニンとビタミンEの効果で優れた血行促進作用が期待できます。
血行促進作用は肩こり、冷え性、むくみ、などの改善に効果があります。男性の場合、男性器の勃起作用は男性器に血液が集まることによって起こるため、血行促進は男性にとってED(勃起不全)の予防と改善にも効果的です。

マカのビタミンB群の効果でコレステロールバランスを改善

普段の食事で油っぽい食べ物が多いと血中にコレステロールのバランスが悪化して血液がドロドロ状態になります。
油分はエネルギーに変換されるため、胃で吸収されて血液と一緒に、肝臓に運ばれるのですが、その運搬役がコレステロールです。油の摂取が多いとどうしても血液中にコレステロールが多くなり、血液がドロドロの状態になります。
コレステロールは肝臓に運ばれてエネルギーに変換されるのですが、そのときに必要になるのがビタミンB群です。つまりビタミンB群を十分に摂取していれば血中のコレステロールを効率よく処理できます。
マカはビタミンB群を豊富に含むため、コレステロール過多による血液のドロドロ状態を緩和します。

マカの自律神経安定作用で血行促進

人間はストレスが蓄積すると自律神経が乱れ、血管が収縮してしまいます。
ストレスは神経を疲労させるのですが、その神経の疲労を回復するのがビタミンB群の役割の一つです。このため自律神経の安定にはビタミンB群が有効です。
マカに含まれる豊富なビタミンB群は上記のコレステロール値の改善作用以外にも、自律神経の安定作用で間接的に血行促進に貢献します。

マカは高血圧の改善に効果的

血圧は高すぎても低すぎても良くありません。
そもそも血圧とは、心臓から血管に送り出された血液が、血管内に与える圧力のことです。
例えばストローで飲み物を飲むときに、水と同じような液体ならば簡単に吸い上げることができますが、シェイクのようなドロッとした液体の場合は口で強く吸い込まないと飲めませんね。このシェイクのようなドロッした液体が、いわゆる血液ドロドロの状態です。ドロドロの液体は吸い上げたり送り出したりするのに強い力が必要で、流れる管の中の圧力も高くなります。これが高血圧の状態で、高血圧はポンプの役割を果たす心臓に負担をかけます。

マカの血行促進、血液のサラサラ効果で高血圧を改善します

マカは優れた血行促進作用があります。
マカの血行促進作用とはアルギニンによる血管の拡張作用、そしていくつもの血液をサラサラにする作用です。
血液がサラサラになり、血管が広くなれば血液は血管内を流れやすくなるため、ポンプの役割である心臓の負担も減ります。この働きはまさに高血圧を抑制する効果です。
以上のことからマカは高血圧の改善に効果的な健康食品といえます。

こんな記事も読まれています

トップに戻る