メインイメージ

カレーにもマカ!マカカレーレシピ

カレーはインドで誕生した料理ですが、長い歴史の中でヨーロッパに渡り、それから日本に伝わりました。
現在、日本でもっぱら食べられるカレーライスは原点のインドのカレーとはかなり違った様相です。
日本では日本式のカレーが確固たる地位を固めていますが、インドで現在も食べられているインド式のカレーも日本ではそれなりに人気で、専門店も多数存在します。

日本式カレーもインド式カレーも、どちらも複数の香辛料をブレンドしてカレー粉を作る点は同じであり、用いられる香辛料の種類も基本は同じです。
カレー粉をブレンドする時にマカのパウダーも入れればマカ配合のマカカレーになります。
マカは滋養強壮に高い効果があるため、カレーにマカパウダーを配合したマカカレーはまさに元気になるカレーライスです。

マカカレーのレシピについてはこちら

カレー粉に用いられる一般的なスパイス

カレーは日本式でもインド式でも複数のスパイスをブレンドして複雑な味に仕上げるのが大切なポイントです。カレー粉作りに用いられるスパイスの代表例には以下があります。
●ターメリック
●カイエンペッパー
●コリアンダー
●クミンパウダー

上記のスパイスに加え、すり下ろしたニンニクやショウガなどを入れても美味しくなります。
市販のカレー粉はこれらを混ぜ、さらに適度な水分と小麦粉を入れて固まるように作られています。
カレーを手作りする場合もこれらのスパイスを混ぜ合わせ、小麦粉と一緒に炒めることで市販されているようなカレー粉になります。
材料さえ揃えればカレー粉作りは意外と簡単なのです。

マカパウダーを混ぜてマカカレーを作ろう

マカカレーは上記のようなカレー粉レシピのスパイスにマカパウダーを含めればOKです。マカは独特の苦味があり、マカパウダー単体で食べるとかなり苦々しい味なのですが、カレー粉に混ぜることで様々なスパイスと混ざり合い、マカ特有の苦々しさが目立たなくなります。むしろマカの苦さは様々なスパイスのブレンドに、さらに複雑な味わいを足すことになるため、より深みのある味に貢献することになります。

市販のカレー粉でマカカレーを作る場合

手作りのカレー粉からマカカレーを作るのが面倒な場合は、市販のカレー粉とマカパウダーで手軽にマカカレーを作ることも出来ます。

市販のカレー粉でカレーを作る場合はまず肉や野菜を炒めるのが一般的です。この段階でマカパウダーを入れて、具材と一緒にマカパウダーを炒める方法がおすすめです。

マカ入りのレトルトカレーも存在します

決して種類は多くありませんが、マカが配合されているレトルトカレーの製品も存在します。
マカは一般的なカレー粉のスパイスでは無いため、マカ入りのレトルトカレーは商品名でそれとわかるように、「マカ入りカレー」であることを強調したような商品名である場合がほとんどです。

マカは洋食のレシピと相性が良い

マカは独特な苦味と辛みがあるため和食のレシピとは相性が悪い存在です。例えば味噌汁やお吸い物などに入れたらかなり違和感のある味になるでしょう。しかしカレーのような味が濃いめで、辛くて複雑な味の料理にはマカを入れてもさほど違和感がなく、むしろ複雑な味をより引き立てる役割を果たす場合も多々あります。このためマカはカレーやシチューのような味が濃い洋食との相性が良い食材といえます。

こんな記事も読まれています

トップに戻る