マカで疲労回復!その効用とより高い効果を得る方法

何だか疲れやすい、体も心も疲労回復したい!そう思ったときに取り入れたいもの、それがマカです。 今回はマカの持つ疲労回復効果に着目してその効用や取り入れ方などをご紹介します。

マカの疲労回復効果とは

疲労回復効果の理由「ビタミンB1 」

マカのもつ疲労回復効果の最大の理由はビタミンB1にあります。 ビタミンB1には疲れの元となる「乳酸」を燃焼させる作用があります。

つまりビタミンB1を摂取することで疲労が溜まりにくくなるということです。 ビタミンB1は豚肉やうなぎ、玄米等に多く含まれているため、食事により摂取することが可能です。

しかし、外食やコンビニ食など不規則な食生活を送りがちな現代人にとって、栄養素に特化して食事を選ぶことは困難です。 その点サプリメント化されているマカであれば、忙しい毎日の中でもビタミンB1を無理なく摂取することができます。

疲労回復効果の理由「アミノ酸」

必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸のうち、約4割を占めるBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は私たちの体内で作ることができません。

玄米や白米などの炭水化物や鶏肉・鮭・卵などのタンパク質を、食事から摂取することで体内に取り入れることができますが、3食バランス良く食べることが求められます。

手軽にアミノ酸を摂取する方法としてサプリメントや栄養ドリンク、プロテイン等があります。

マカに含まれるアミノ酸には、筋肉の修復やエネルギーを長持ちさせる効果があります。 運動前にアミノ酸を摂取することで、無駄なスタミナ消費を防止することを勧められているのはそのためです。

また、筋肉だけでなく脳の疲労回復にも役立つことには驚きです。 さらに、アンモニアを体内から排出させる作用もあるため、アンモニアによる倦怠感やだるさなどの解消にも効果的です。

副腎疲労対効果

副腎の機能が低下すると、疲労感やだるさなど倦怠感を感じやすくなります。 副腎疲労の原因となるのはストレスや緊張などであり、ストレス社会に生きる私たちは常にさらされている状態とも言えます。

副腎が疲労することにより、正常な状態であれば副腎が作り出すはずのホルモンを分泌することができなくなり、体全体に疲労感や倦怠感を感じるようになります。

マカを摂取することにより、副腎疲労の原因の一つであるコルチゾールというストレス対抗ホルモンの分泌を鎮め、さらにストレスに対する抵抗性を高める効果があります。 マカにストレス解消作用があるとも言われているのはそのためです。

生活習慣も疲労回復に重要

いくらマカに疲労回復効果があるといっても、マカだけに頼って暴飲暴食・不規則な生活を続けていては意味がありません。 マカを摂取すると同時に、「睡眠」・「食生活」・「適度な運動」など、基本的な生活習慣を意識的に整えましょう。

規則正しい生活習慣はマカの効果を十分に発揮し、疲れにくい体質を作り上げることができます。

疲労回復効果を最大限に得るために

疲れた体を回復させるためにオススメしたいマカですが、継続して飲むものだからこそ、安心できるものを選びたいと思うのは当然のこと。 マカの魅力は植物由来だからこその安心感にあります。

マカは、疲れたあなたを自然の力で元気にしてくれます。 マカの効用、試してみませんか?