メインイメージ

マカをマカティーで摂取しよう!

マカを美味しく摂取する方法の一つに【マカティー】があります。マカティーとは文字通りでマカで作ったお茶のことです。マカティーに関する情報をインターネットで検索すると【マカ茶】と呼ばれる場合も多いようです。

マカはハーブとしての使い方もあるため、マカティーは広義でハーブティーの一種と考えることも出来ます。
基本的にマカだけでお茶を作るというよりは、マカも含めた何種類かのハーブを混ぜて作るハーブティーとして飲むのが一般的です。
マカにはカフェインが含まれないため、マカを含め、ノンカフェインの原料でハーブティーを作ればノンカフェインのお茶として飲むことが出来ます。

マカティーの概要についてはこちら

マカティーの作り方

マカは根っこの部分に栄養があり、食べるのも栄養価の高い根の部分です。
お茶を作る際は根の部分を煎じて(お湯で茹でて)マカの成分をお湯に抽出してお茶にする煎じ茶の方法と、粉末のマカをお湯に入れて作る方法の2種類があります。
マカはそのまま食べると苦味と独特の風味があるため、お茶でも独特のクセがあり、苦々しい味のお茶となります。そのため味を整える意味でも他のハーブもブレンドし、ハーブティーとして飲むのが一般的です。
マカティーに相性が良く、定番のブレンド素材には以下があります。以下に紹介するハーブ素材はすべてノンカフェインです。
●レモンバーム
●ローズヒップ
●ルイボス
●ダンデリオン

特にルイボスを主成分としたルイボスティーはアフリカ地方でメジャーな存在であり、日本でも市販されていることが多いお茶です。このため市販のルイボスティーを買ってきて粉末のマカを混ぜ、マカ入りのハーブティーを作るのが手軽です。

粉末のマカの方が手軽に入手出来て、マカティー作りに向いています

マカは原産地のペルーから輸入する場合は原則として粉末になるため市場に出回っている多くのマカは粉末タイプです。
国産のマカも存在するため、国産のマカなら粉末に加工する前の原型状態も入手可能ですが、やや割高となります。粉末ならあらゆるお茶に混ぜてマカのブレンドティーを作ることが出来るため、マカティーは粉末のマカを用いるのが向いているかもしれません。
粉末のマカなら様々なお茶にブレンドすることが可能なため、自分好みのマカティー探求が出来ます。自分好みのお茶を見つけるのも継続摂取するためには大切なことです。

マカティーの効果は?

マカは昔から滋養強壮、精力の活性化に高い効果があるとされています。つまり摂取し続けることで元気の源になり、継続摂取をすることで日々の活力維持に貢献する健康食品となり得ます。

マカの滋養強壮作用はマカの主要な健康作用である血行促進作用に起因します。
血行促進作用が得られれば冷え性の予防となり、基礎体温が高めに維持されるため免疫力の向上にもつながります。
男性の生殖機能である生殖器の勃起は陰茎に血液が集まって起こるため、優れた血行促進作用のあるマカは特に男性の精力増強に効果が高いとされています。

マカティーは基本的にホットで飲むため、マカの血行促進作用と相まって身体を温める作用が強く、冷え性防止に効果的なお茶です。このためマカを冷え性の予防に摂取する場合はマカティーが特におすすめの摂取方法といえます。

こんな記事も読まれています

トップに戻る