メインイメージ

原産国のペルー産のマカと日本産のマカの違いは?

マカはペルー原産のアブラナ科の多年草植物です。
マカは優れた健康作用があるスーパーフードで、原産国のペルーではマカの育つ気候条件が整っているため、栽培はさほど難しくありません。
ペルーには標高4000メートル以上という日本と比べるとかなり標高の高い高原地帯があります。マカはペルーのような、日本とはかなり違う環境で育つ植物のため日本での栽培までの道のりはそれなりに苦労がありました。
では原産であるペルー産のマカと日本産のマカにはどんな違いがあるのでしょうか?

ペルーと日本の、マカ栽培の違い

マカはペルーが原産の植物です。そのため育つ環境は当然、ペルーの気候が一番合っており、ペルーでは種を蒔けば育てる難易度はさほど高くありません。

マカが非常に優れた健康作用を誇るスーパーフードであることは周知の事実であり、ペルー政府はマカが出回りすぎて希少価値が薄れることを懸念し、現在では加工済みのマカ以外の輸出をほぼ禁止の状態にしています。
現在は上記のような状況ですが、マカは日本や中国などで栽培が成功しています。
現在日本や中国で栽培されているマカの種はペルーがマカの種を輸出制限する以前のものなので、法律的な問題はありません。しかし現在は原産国から種の輸入ができない状態のため、日本国内に存在するマカの種はとても貴重品で、万が一にも栽培を失敗してしまうと大打撃となります。

日本産のマカの特徴

ペルーは標高4000メートルという、富士山よりも高い土地でマカを育てています。高い標高のため寒暖差は激しく、動物にも植物にも厳しい環境なのですが、なぜかそんな土地でマカはすくすく育ち、驚異的な栄養価を含みます。
逆に日本の土壌でペルー原産のマカは育たないため、現在の日本産のマカは品種改良を重ねて日本の気候条件に合わせています。

日本のマカは日本の気候条件でも育ちやすいように品種改良がされた結果、ペルー原産のマカと比べるとマカ特有の薬効成分は弱くなります。しかし逆にペルー産のマカよりも高い栄養成分もあり、日本特有のマカとなっています。
日本のマカ栽培の成功はもともと高度な農業技術を有していた日本だからこそ成し遂げられた結果で、日本のマカは世界から、原産国であるペルーに次ぐ高品質であるという評価を得ています。

日本産マカの方がペルー産より優れた点もあります

日本産のマカは原産のペルー産と比べて優れた部分もあります。
日本のマカの方がペルー産と比べ、アルギニン、ギャバ、リジン、プロリン、ベンジルグルコシノレート、といった成分が豊富に含有されており、これらの栄養成分は男性、女性問わず、生殖機能の促進、女性の生理機能や更年期障害の改善効果に優れています。
特に【ベンジルグルコシノレート】の含有量はペルー産の10倍以上もあり、日本産マカの大きなアドバンテージとなっています。
ベンジルグルコシノレートは加齢とともに減少する性ホルモンの分泌を促す栄養成分で、男性の生殖機能の働きを促進させることで有名です。
以上のように日本産のマカはペルー産のマカと比べ、精力剤としての効能が優れているという特徴が際立つ感じです。

現在、日本ではペルーから輸入した加工済みのマカと日本産のマカの両方が流通しています。マカを購入するときは、ペルー産と日本産の違いを考え、自身のマカに求める目的に合わせて選ぶのが賢い選び方です。

こんな記事も読まれています

トップに戻る