メインイメージ

マカで産後の体を休める

女性にとって女性ホルモンの分泌は子供を産むための大切な機能であり、それと同時に女性ホルモンの分泌量の変化は心身に影響を与えます。そのため妊娠、産後や更年期などの、女性ホルモンの分泌量が急激に変化する時期は体調も乱れがちになります。
マカは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進し、さらにホルモンバランスを整える効果があるため、産後の不調の改善に有効です。

女性は産後、ホルモンバランスが乱れがちになる

女性は生理周期によって体調が左右される

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、どちらも女性が妊娠するために大切な働きをするホルモンです。

女性は生理周期によって低温期と高温期があります。
生理から排卵までの低温期にエストロゲンがたくさん分泌され、体調も気分も良好となる傾向になります。
プロゲステロンは排卵後から次の生理までの高温期に主に分泌されます。この時期は精神的に不安定になったり吹き出物ができたりと、心身共に低調になる場合が多いようです。

以上のように女性はエストロゲンとプロゲステロンの分泌によって調子が左右されます。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、出産後は減る

女性は妊娠するとエストロゲンもプロゲステロンも分泌量が増えます。エストロゲンは発毛を促す効果もあるため、妊娠中は毛深くなったと感じる女性も多いようです。

妊娠中はエストロゲンもプロゲステロンも分泌が増えるのですが、出産した後はどちらの分泌量も減少します。これは妊娠中に多めに分泌されていた女性ホルモンの分泌が正常に戻るプロセスなのですが、相対的には女性ホルモンの分泌が減るため、ホルモンバランスの乱れの症状が出やすくなります。

女性の産後は女性ホルモンの一時的な低下によって抜け毛が増えたり、精神的に不安定になったりする場合が多くなります。
産後特有の心身の不調を「産後うつ」や「産後クライシス」などと呼びますが、その主な原因はホルモンバランスの乱れです。

産後の不調にはマカがおすすめ

女性が産後に感じる不調や倦怠感の主な原因はホルモンバランスの乱れです。
マカにはホルモンバランスを改善する作用があるため、女性の産後特有の不調に改善効果が見込めます。

マカには植物性エストロゲンが含まれる

マカには植物性エストロゲンが含まれます。
植物性エストロゲンはエストロゲンとは別物ですが、摂取すると体内でエストロゲンと同様の働きをします。このため、マカは女性のホルモンバランスの乱れによるエストロゲンの不足を解消できます。

マカに含まれるリジンでエストロゲンの分泌を促進

マカには18種類という豊富なアミノ酸を含み、その中には必須アミノ酸の一種の「リジン」も含まれます。
リジンは疲労回復や肝機能の回復、カルシウムの吸収を良くする効果、などの様々な健康作用が期待できるのですが、その中の一つにエストロゲンの分泌促進効果があります。
上記の植物性エストロゲンの働きと、リジンのエストロゲン分泌促進作用の併用があり、マカはエストロゲンの不足による体調の低下を軽減する作用が期待できます。

アルギニンの作用でホルモンバランスを正常化

アルギニンはマカに含まれる代表的な栄養成分です。
アルギニンは非必須アミノ酸のために体内でも生成されますが、生成量は加齢とともに減少します。
アルギニンは視床下部の脳下垂体の働きをサポートする作用もあります。脳下垂体はホルモン分泌を司る役割があるため、アルギニンを摂取することでホルモンバランスの安定が見込めます。このため女性の産後や更年期など、ホルモンバランスの乱れによる体調不良の軽減に貢献します。

アルギニンは上記のホルモンバランスの改善以外にも、以下の作用があります。
●体内に侵入する有害な細菌の排除(免疫力向上)
●体内の発がん性物質を排除(免疫力向上)
●成長ホルモンの分泌促進で新陳代謝を活発にする

上記の効果からアルギニンは日々の活力を維持するために有効な栄養です。そのためサプリメントにもよく配合されます。

以上のようにマカにはホルモンバランスの改善作用、特にエストロゲンの働きのサポートや分泌促進作用の働きが複数含まれるため、女性の産後不調の改善に効果的です。

こんな記事も読まれています

トップに戻る