メインイメージ

疲労の蓄積で発生する体臭にはマカが有効

体臭は体調を崩すことで発生する場合があります。
体調不良で発する体臭の代表的な存在に「疲労臭」があります。疲労臭とは、文字通り疲労の蓄積で発生する体臭で、主な原因は体内で発生するアンモニアです。
マカは優れた疲労回復作用や肝機能の改善作用があるため、疲労臭による体臭の改善に有効です。

様々な疲労で発生する「疲労臭」

体臭の代表といえば汗による、いわゆる汗臭さです。
実は汗自体はほぼ無臭です。しかし汗が出てくる毛穴には皮脂という油成分もあり、汗と一緒に分泌されます。雑菌は皮脂が大好物のため、汗が出た後、ずっとそのままにしておくと雑菌が繁殖し、いわゆる汗臭い匂いとなります。
一方、疲労が蓄積することによって発生する「疲労臭」は、汗による雑菌の悪臭とはプロセスが異なります。疲労臭の主な原因は疲労によって体内で発生するアンモニアです。

疲労臭の原因は体内で処理し切れないアンモニア

通常、アンモニアは体内で、たんぱく質の分解によって発生します。
身体をたくさん動かすと筋肉が疲労します。筋肉の疲労とは筋肉組織が傷つくことです。筋肉の疲労は休息をとれば修復しますが、筋肉を酷使して筋肉細胞が傷ついた際にたんぱく質が分解され、体内でアンモニアが発生します。

通常、体内で発生したアンモニアは肝臓で分解されて無毒化され、尿として排出されます。しかし疲労によってアンモニアが多く生成され、さらに疲労で肝臓の働きが弱まると処理しきれないアンモニアは血管に流れて全身を巡り、毛穴から汗などと一緒に排出されます。つまり疲れているときに出る汗はアンモニアが混ざっており、通常の汗よりも悪臭となります。これが「疲労臭」です。
慢性的に疲労が蓄積している人は疲労臭が多くなり、慢性的に体臭を発生させている可能性があります。

疲労臭は筋肉疲労以外でも発生します

疲労臭は体内で発生したアンモニアが肝臓で処理し切れないことが原因です。
身体をたくさん動かすと筋肉疲労でアンモニアが生成されますが、それ以外でも、以下の原因も肝臓機能を低下させるために疲労臭の要因となります。
●ストレス
●肥満
●過度な飲酒

便秘の状態は腸に溜まった便がアンモニアを発生させるため、結果として疲労臭に似た体臭を発生させる可能性があります。

マカは疲労臭の解消に効果的

疲労臭は様々な身体の疲労から体内でアンモニアが増えてしまうことで発生します。このためマカによる多様な疲労回復効果は疲労臭の改善に有効です。

マカの筋肉増強作用は筋肉疲労を軽減します

マカには亜鉛、アルギニン、アスパラギン酸などの筋肉増強作用に効果的な成分が豊富に含まれます。
アルギニンやアスパラギン酸は筋肉を効率よく作るテストステロンという男性ホルモンの原料となります。
亜鉛は傷ついた筋肉細胞の修復に不可欠な成分です。
マカにはテストステロンの分泌促進と亜鉛の筋肉修復の作用で筋肉がつきやすい体質になります。
マカの継続摂取と適度な筋トレで筋肉量を増やせば、筋肉疲労によるアンモニアの発生の抑制に繋がります。

マカの肝機能を向上させる作用

疲労臭の原因は体内で発生するアンモニアですが、本来、アンモニアは肝臓で処理され、無毒化されて尿となり体外に排出されます。疲労臭の原因となるアンモニアは、肝臓で処理し切れないアンモニアが毛穴から体外に排出されることで起こります。このため疲労臭の抑制には肝臓の働きが要となります。

マカにはタウリン、グルタミン酸、アルギニン、ポリフェノール、などの成分が含まれています。これらの成分は肝臓の解毒作用を促進する効果があるため、アンモニアを効率よく分解して疲労臭の発生を抑制します。

マカに豊富に含まれる亜鉛は肝臓を構成する成分でもあります。亜鉛不足は肝機能を低下させるという説が有力なため、マカを継続摂取することは肝機能を維持するために有効です。

マカに含まれるビタミンB1は疲労回復に有効

マカにはビタミンB群が含まれ、特にビタミンB1が豊富に含まれます。
ビタミンB1は摂取した糖分をエネルギーに変換する際に必要になる成分です。ビタミンB1が不足すると、エネルギー源となる糖分を摂取してもそれがエネルギーに効率よく変換されなくなり、エネルギー不足となります。さらにエネルギーに変換されない糖分は脂肪となり、肥満の原因になります。
当然、エネルギー不足は疲労の蓄積に繋がり、疲労臭の要因となります。

ビタミンB1はマカに豊富に含まれますが、豚肉にも多く含まれています。豚肉が疲労回復に有効という説は有名ですね。

こんな記事も読まれています

トップに戻る