メインイメージ

マカとテストステロンの関係

テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の、いわゆる男性らしさ、精力の強弱などの要素に深くかかわるホルモンです。
男性ホルモンや女性ホルモンは、それぞれ男性と女性特有のホルモンではありません。男性ホルモンは男性に多く分泌される、男性らしさを司るホルモンで、女性ホルモンも然りです。つまり男性の身体でも微量な女性ホルモンは分泌されます。

繰り返しになりますが、テストステロンは男性らしさを司る男性ホルモンで、男性の精力と密接な関係があります。
マカは男性の精力を増強させる作用が有名ですが、このマカによる精力増強作用はテストステロンと深いかかわりがあるのです。

テストステロンの特徴についてはこちら

テストステロンは男性の生殖能力に大きく関わります

テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の精力に深く関わります。基本的に分泌量が多いほど精力が旺盛になるもの、と考えてOKです。
テストステロンは男性の場合、95%が精巣で作られ、残りの5%は副腎で作られます。女性の身体にもテストステロンは副腎と卵巣で作られますが、その総量は男性の10分の1程度です。

男性は第二次成長期の段階からテストステロン分泌量が増え始め、20代半ばくらいが分泌量のピークとなります。そして30歳を過ぎた辺りから徐々に分泌量は減っていきます。
男性は基本的に若い時のほうが性欲旺盛ですが、それはテストステロンの分泌量に精力が比例するからです。

男性の精力は性器を勃起させることも重要です。
男性器の勃起は男性器に血液が集まることで起こるため、血行の状態も重要です。基本的に血の巡りの良い状態は勃起をスムーズに行うために重要な要素であり、血行不良は勃起不全(ED)の原因になり得ます。
しかし、いかに勃起するためのいい条件が整っていても、性的な興奮を覚えないと男性器の勃起は起こりません。性的に興奮するかどうかは脳が判断する問題です。テストステロンは脳に作用し、性的な興奮を促す作用もあります。
そしてテストステロンの分泌が多いほど精巣の活動も活発になり、精子の生産性を高め、質の向上にも作用します。
以上のようにテストステロンは男性の性欲と直結する生殖能力に非常に深くかかわる男性ホルモンなのです。テストステロンは加齢とともに分泌量が減少するため、男性は加齢とともに性欲が減退していきます。

マカはテストステロンの生産性をサポートする作用があります

マカは古くから男性の精力増強に効果があり、さらに滋養強壮作用にも優れるとして珍重されてきた歴史があります。しかしマカには上記で解説したテストステロンが含まれているわけではありません。
テストステロンは男性ホルモンのため、身体の中でしか生成されないのです。このことから、マカの精力増強作用とは、体内のテストステロンの生成をサポートする作用です。

マカにはアルギニンや亜鉛などの必須アミノ酸、そして複数のミネラルを豊富に含みます。これらすべて身体の代謝機能を改善する作用があり、マカは身体の代謝能力を向上させる作用があると考えるべきです。身体の代謝機能が上がれば当然、テストステロンの生産効率も上がります。さらにマカは優れた血行促進作用もあるため、男性の勃起力の改善にも貢献します。
男性にとっての精力とは、テストステロンによる性欲の向上とともに男性器の勃起力も重要になります。この2つの改善につながる作用を同時に含むマカは数ある健康食品の中でも、男性の精力増強に効果がある成分構成といえます。

マカは継続摂取することが大切です

マカの精力増強効果とは、あくまでテストステロンの生産性をサポートする作用である、ということは覚えておくべきです。
マカを食べるとすぐに精力増強に繋がるということではなく、マカを継続して摂取すると、身体の代謝機能が改善され、加齢によるテストステロンの減少の抑制につながる、といった感じです。
以上のことから、マカによる精力増強作用も含め、マカの健康作用の恩恵を受けるにはある程度継続摂取することが大切です。継続摂取することで恒常的に血行や代謝機能が改善され、精力も含めた、身体全般の活力を得ることが出来るのです。

こんな記事も読まれています

トップに戻る