メインイメージ

マカの色による種類について

マカは南米の国、ペルーが原産のアブラナ科の多年草植物です。
マカには多種多様な健康作用があり、いくつもの健康効果を併せて得ることができる優れた健康食品です。
一口にマカと言っても、実はマカは3つの種類があります。色が白い【白マカ(黄マカという場合もあり)】、赤色の【赤マカ】、そして黒色の【黒マカ】の3種類です。この3種類のマカは含有される栄養分が違います。
マカを摂取する場合、マカに求める効能は人それぞれですが、3種類のマカの栄養的な特徴を理解し、自身が求める効能が十分に含まれる種類を選ぶのが賢い選択です。

黒マカはマカの中でも一番栄養が豊富!

黒マカの特徴は3種類の中でも一番栄養価をたくさん含んでいるという点です。
マカは基本的に色が濃いほど栄養価が豊富です。そのため白マカよりも赤マカ、赤マカよりも黒マカが栄養価を豊富に含みます。
マカの色の違いは植物の種類の違いではなく、マカの育ち方の違いです。つまり3種類のマカは全て同じ種から育ちます。育つ過程で栄養価をたくさん含むと色が濃くなり、黒マカは最も理想的な環境で育った高品質のマカということです。このことから、赤マカは白マカと黒マカの中間ということですね。

同じマカでも、例えばビニールハウス栽培にすると育てる手間が少なく、何かと楽なのですが、マカの色が十分に濃くならず、いわゆる白マカとして育ってしまいます。これはハウス栽培だと十分な日光が当たらないからだと考えられます。

収穫量を見ても、白マカが一番多く収穫され、その次に赤マカで、黒マカは最も収穫量が少ないです。
その理由は、マカは育つ過程で土中の栄養分を根こそぎ吸い取ってしまうためです。
黒マカの方が栄養豊富なぶん、土の栄養をたっぷりと吸い取ってしまうため、同じ場所にマカの種を蒔き過ぎてしまうと1つ1つが黒マカにまで成長しないのです。

黒マカは男性の生殖機能を高めるのに効果的

黒マカは赤マカ、白マカに比べ、男性の生殖機能を促進する効果が最も高いといわれています。
黒マカは白マカと比べ、男性が服用することで精子の生産性の向上が高いことが実験データから明らかになっています。そのためマカを男性の精力剤として服用する場合は黒マカを選ぶのがおすすめです。

黒マカに次ぐ栄養価を誇る赤マカは、精子の生産性は黒マカに劣りますが、マカ特有の、前立腺の保護作用はそれなりに高く、ED(勃起不全)の予防には効果的とされています。
白マカはマカ特有の滋養強壮作用は期待できるのですが、上記の黒マカ、赤マカに含まれる男性の生殖機能を補助する作用は乏しいことがわかっています。そのため、特に男性の精力剤としてマカを服用する場合は赤マカか黒マカがおすすめということです。

以上のことから市場価格は白マカが一番安価で、黒マカが一番高価ですが、マカの疲労回復効果、滋養強壮を主な目的として服用する場合は白マカでもそれなりの効果が期待できると言えそうです。

マカのサプリメントなどの、マカを粉末加工した製品も成分表をよく見ると白マカ使用、赤マカ使用、と記載されている場合があります。
マカのサプリメントを利用する際はそのサプリに用いられているのが何色のマカなのかも意識してみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

トップに戻る