メインイメージ

ペルーでのマカの食べ方

マカはペルー原産のアブラナ科の植物です。
現在、ペルー本国はマカを重要な輸出品と位置付け、厳しい輸出制限を設けています。
基本的にペルー産のマカはペルー国内で粉末加工しないと輸出できないため、日本で手に入るペルー産のマカは全て粉末加工された状態です。しかしペルーがマカを本格的に制限する前に日本でも栽培が始まっており、一定の成功を収めています。それでも日本のマカの出荷量は決して多くは無く、そのため日本でのマカの摂取方法は必然的にサプリメントが多い傾向にあります。

マカの本場、ペルーでは原産地ならではの長い歴史があり、マカの食べ方は日本とは比べ物にならないくらい、生活に密着しています。
本記事では、マカの本場ペルーでの、マカの主な食べ方を紹介します。

ペルーでマカはよく料理に用いられます

日本でマカはサプリメントが多いのは輸入制限の問題もありますが、それ以外にも味の問題もあります。マカは苦みが強く、味に独特のクセがあるため日本人の味覚に馴染まず、サプリメントのように、食べ物というよりは薬として飲むという感覚が一般的です。
それに対してペルーでは、マカは栄養価抜群の野菜、という認識が強く、料理の素材として使われるのが一般的です。
マカを、肉や野菜の煮込み料理に一緒に入れて煮る、という料理方法はペルーではごく一般的です。
マカを様々な野菜や果物とミキサーにかけて作るマカ入り野菜ジュースもペルーではお馴染みのジュースです。マカは苦みが強いため、入れても美味しくはならないのですが、身体に良いジュースとしてペルーでは非常に親しまれているジュースです。

ペルーでマカは非常に馴染みの深い食材のため、美味しいと感じる人は多くないと思われますが、味に抵抗がある、という人も少ないのだと思われます。

ペルーでは粉末状態のマカもよく使われます

ペルー国内はマカを粉末加工せず、そのままの形で流通可能なため、上記で解説したような料理素材としての使われ方も珍しくありません。しかしペルー国内でも粉末加工されたマカはそれなりに需要があり、様々な用途で用いられます。

ペルーの朝食に、マカの粉末をシリアルに入れ、牛乳をかけて食べたり、コーヒーに混ぜたりして飲む、という食べ方が定番になっています。

日本ではマカ入りのお菓子が売られていますが、ペルー国内でもマカの粉末を混ぜたチョコレート、キャンディー、クッキー、などは多く流通しており、現地の人のおやつとしても、観光客のお土産品としても人気です。
おやつだけでなくマカ入りの、ジャム、ココア、さらにはマカ入りのお酒なども売られており、まさにペルーではあらゆる食品にマカが使われている感じです。

日本でマカといえばお茶やサプリメントが主ですが、ペルーではマカを料理に使うのも珍しくありません。
日本国内でも国産のマカなら生の状態で入手可能です。普段はもっぱらサプリメントの人も、たまにはマカを本場ペルーのように料理に使ってみるのも面白いかもしれません。

こんな記事も読まれています

トップに戻る